子宮体がん治療をサポートする漢方薬

子宮体がんってご存じでしょうか。

私も前に耳にしたことがあったような気もしましたが、詳しいことは知りませんでした。

若い年齢層に多い子宮頸がんに対し、50代以降、閉経前後から増えてくる、エストロゲンという女性ホルモンが大きな影響を与えているガンのようです。

症状としては不正出血がサインということが多いみたい。

更年期で生理不順になっていると思ったら、子宮体がんということもあるので要注意とか。

なぜ、こんなに子宮体がんに興味を持って苛羽化というと、最近、叔母(母の姉)が子宮体がんになったからなんです。

子宮内膜症からがん化することもあると聞いて、私も心当たりがあるので、いろいろ調べてみたんです。

ところでガンの治療というと手術とか抗がん剤とか、いわゆる西洋医学で治すものと思っていたら、最近は漢方などの東洋医学も取り入れることも多いらしいですね。

患者さんの体に優しく、自らの持つ免疫力を高めながら治療をしていくのが、東洋医学のメリットを活かした治療方法なんですね。

叔母も子宮体がん治療をサポートする漢方薬を摂りながら、抗がん治療をしています。

抗がん治療で消耗する体力を維持したり、滋養強壮や、吐き気などの副作用を軽減する効果もあるみたいです。

ガン予防の働きをする漢方薬もあるみたいなので、試してみようかと思っています。

Comments are closed.

Search